支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「八つ当たり」をされましょう。

<<   作成日時 : 2008/06/14 05:57   >>

トラックバック 1 / コメント 0

杖をついて、
身体障害者のリハビリ施設に通う、アイさんは、
20代半ばの女性です。

脳の病気のために
左手足がマヒしました。

記憶力が悪くなるなどの
高次脳機能障害
という後遺症も残りました。

病気になって2年くらい経ちますが、
当然、

「なぜ私が・・・」

というくやしい気持ちが、
時々込み上げてきます。

当然です。


ある日のこと。
いつもおだやかでにこやかなアイさんが、
今までに見たことのない、険しい表情で
私に向かって突然こう言いました。


「同じ病気なのに、ズルくないですか?」


どうやら、同じ病気になったタレントが、
何の後遺症もなく
以前と同じ仕事に復帰したというニュースを見たようです。


社会人2年目で仕事を失ったアイさんにとっては、
テレビの中の華やかな世界で、
明るく闘病生活を語るタレントが
ゆるせなかったようです。

子どもがダダをこねるように、
私に「八つ当たり」
をしてきたアイさんに対し、

私は、
適当な言葉がみつからず、
結局なにも言えませんでした。


その後のアイさんは、
いつものようにリハビリメニューをこなしました。

天然ボケパワー全開で仲間と明るく話をして過ごしました。

そして明るく
何もなかったように笑顔で帰っていきました。

いくら記憶障害があるといっても、
今日1日のことぐらい、しっかり覚えている人です。

私に怒りをぶつけることで、一時的だとしても、
すっきりしたようです。

理不尽なことを言っているのは
アイさん自身がよくわかっていました。

ただ、「ばかやろう」って、
爆発したかっただけなのでしょう。

なぐさめの言葉や、専門家からのアドバイスが
ほしかったわけではありません。

爆発した後の
「いつもどおり」のアイさんの姿が、
私に教えてくれました。

いつもおだやかでにこやかなアイさんに
八つ当たりされたことで、

天然ボケキャラに怖い顔をされたことで、
私は気づかされました。

ありがとう。



----------------------------------
◎作業療法士の【支援セラピー】
----------------------------------

人は時々、爆発したほうがいい。
ため込んで自滅することはない。
ぶつける相手がいる方がいい。
いつもいい人でなくてもいい。

だから、
八つ当たりをされましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ときどきのぞいてみましょう。
   ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自分大好きオーラ。
Photo:SAO♪ギャラリー ...続きを見る
作業療法士のブログ【支援セラピー】 *^...
2008/10/29 06:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「八つ当たり」をされましょう。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる