支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 失敗するためにやってくる男。

<<   作成日時 : 2008/07/04 05:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

マキハラさんは脳こうそくのため、
右の手足がマヒしていますが、
左手だけでハンドル操作ができるように改造した車を、
運転しています。

ファミリー向けのワンボックスカーの後部座席には、
チャイルドシート。

マキハラさんが倒れたとき、
子どもはまだ
生まれたばかりでした。

外国人の奥さんは、
日本語がまだまだ上手ではありません。

マキハラさんは、これから言葉を覚えていく子どもの父親であり、
奥さんの通訳でもありました。
 


でも・・・・・・。 



マキハラさんには、言葉をうまくしゃべることができない、
「失語症」という後遺症も残りました。

相手のいっていることは大体わかるのですが、
自分の考えが

言葉になりません。


「あー」「うー」くらいしかしゃべることができません。


言いたいことは頭の中でイメージできているのに、
「言葉」という形にならないのです。


家族の通訳であり、
家族の中の日本語の先生であるお父さんが、

「言葉」を失いました。 
 
 
マキハラさんは、リハビリ施設を卒業して5年ほど経ちますが、
何かと理由をつけてスタッフに会いにやってきます。


何を言いたいのかを理解するのにものすごく時間がかかります。
ときには、何が言いたかったのかわからないまま

「すみませんねぇ」
といって
こちらから会話を終わりにするしかないこともあります。

それでもマキハラさんは、笑顔で帰っていきます。
2回に1回は、失敗に終わるのですが、
数日後にはまたやってきます。

違うネタを持ってやってきます。

ニヤニヤして近づいてきます。



5年経っても、マキハラさんの話せる言葉は増えていません。



でも・・・



でも、


「表情や身振りで伝えるテクニック」は、
まだまだ向上しています。


たとえ伝わらなくても、

「伝わらなかったときにその場をなんとかするテクニック」
というものが
向上しているんです。

笑ってごまかすとか・・・。


マキハラさんに、
失敗することの「深さ」
を教えてもらいました。



----------------------------------
◎作業療法士の【支援セラピー】
----------------------------------

失敗させてあげましょう。
安心して失敗できる環境を作ってあげましょう。

-----------------------------------

家族を車に乗せて、どこへでも行けるマキハラさん。
ほかに行くところはたくさんあるだろうに、
今日もあの、シルバーのファミリーカーがやってきます。
 
わざわざ失敗をするためにやってきます。
懲りずに、アポなしでやってきます。
 


メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
失敗するためにやってくる男。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる