支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 語尾スポンジ。

<<   作成日時 : 2008/08/30 08:10   >>

トラックバック 0 / コメント 2

話すときの語尾を、
マシュマロのようにやわらかくする
といいらしいです。

「人に好かれる話し方」の著者、和田裕美さんは、
「マシュマロでもスポンジでもなんでもいいんだけど・・・」
といいながら、
かわいい方のマシュマロを選択し、
「語尾マシュマロ」をおすすめしています。


たとえば、
「サザエでございます」
という場合。

「ま」よりも「す」を、ちょっと小さい音で表現します。
「す」って最後の語尾をふわっとさせることで、
やさしくふわっとした感じになるそうです。
     
     ↓
 
「サザエでございま




「私はあなたのことが大嫌いなの」っていうセリフの場合、
(あんまり言う場面ないけど・・・)
最後の「の」を強く言うと、
本気で怖いです。

でも、
語尾をふわっと、
「の」を弱く言うと、
かわいくも、やさしくも聞こえるんです。

     ↓
 
「私はあなたのことが大嫌いな



もちろん、シーンによって使い分けなければいけません。
たとえば、
ラジオのDJがずっとふわっとしてても、
どうかということもありますし。


---------------------------------------------
● 作業療法士の【支援セラピー】
---------------------------------------------

人は上に立てば立つほど、
ビシッと言わなければいけない場面が増えます。

知らないうちにキツい言い方になっていないでしょうか?

相手にどう響いているのか?
語尾がどうなっているのか?
いつも同じトーンで言っていないか?

今すぐ、
「語尾スポンジ」
意識してみましょう。

---------------------------------------------

「マシュマロ」では和田さんのパクリになるので、
私は、「スポンジ」を採用します。
マシュマロよりもおしゃれじゃないけど、
「スポンジ」にすると、吸収するって意味も加わります。
「語尾スポンジ」って、けっこう深いかも?(自己満足)

    よろしくおねがします。
        ↓ ↓ ↓
>>>人気ブログランキングへ<<<



メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ふーん そうかも?

私が支援させて頂いている ご利用者(重度知的障がい)には、併せて出来るだけ正面から話しをする。
という態度が必要です。
時々 正拳突きが飛んでくる事も有りますが、語尾をスポンジにして 優しく 話をしてみます。
まんぼう
URL
2008/09/01 00:54
まんぼうさんへ
正拳突きは怖いですが、いろいろと試してみることをおススメします。
私は、家族で外出しているときに時々、「声が大きい」と注意されることがあります。
「ハキハキと大きな声でわかりやすく」という、自分に染み付いた話し方のクセみたいなものに気づくことがあります。
誰かに、「自分の話し方ってどんな感じ?」って聞いてみるのもいいんじゃないかなと思います。
ごとお
2008/09/01 05:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
語尾スポンジ。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる