支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ごちゃごちゃ言わずにとにかくやってみる?

<<   作成日時 : 2008/08/18 06:29   >>

トラックバック 1 / コメント 5

「ホメられちゃったよ」

照れながらも、うれしそうにいった一言は、
記念すべき、旅立ちの言葉になりました。

リハビリ施設に通う一郎さんの、
「新しい自分」を見つける旅が始まりました。




脳卒中で倒れ、利き手である右手がマヒして
使えなくなってしまった一郎さんの口ぐせは、

「左手じゃあダメだよ」でした。


自分の名前を書く間に、
「ダメだ」を3回くらい言います。


ご飯を食べるときも、まわりの人に
「左手だからうまく食べられない」
と何度も説明します。


さらに、一郎さんには、
「物事の手順が覚えられない」
高次脳機能障害という後遺症もありました。


もともと自営業をバリバリこなし、
ケータイがないと仕事にならなかったのに、
今ではそのケータイの操作がうまくできなくなってしまいました。


目に見えない後遺症までもが、
一郎さんの「自信」を奪っていました。


今までの習慣で、
毎日ケータイを首からぶらさげているのですが、
誰にもかけることはありません。


時々かかってくる奥さんからの電話には、
「えっと・・・」
といって押すボタンを毎回、さがしてしまいます。


だから一郎さんは、なにごとにも自信が持てません。



病気になって、自営の仕事は失いました。

高校生と中学生の2人の息子とは、
ギクシャクしてしまっています。




ある日のリハビリの時間。
みんなで絵手紙に挑戦しようという企画がありました。

一郎さんはいつものように
「ダメだ」「できない」「ムリだ」といっていましたが、
まわりの仲間にはもう、
うんざりするほど響かない言葉になっていました。


「ごちゃごちゃいわないで、とにかくやってみなって!!」

同じ障害の、ある先輩がコーチになって、
やや強引に、一郎さんに絵手紙を書かせてしまいました。


なれない左手で描いた、絵手紙。
ナスの絵の横には、
「ありがとう」
という言葉が添えられていました。



その日は「ダメだ」とか、「へたくそだ」とか散々いって帰っていきましたが、
次に一郎さんに会ったときには、
あの言葉を聞くことができました。


「ホメられちゃったよ」
「あんなヨレヨレの字だって、
 『相田みつを』みたいだってよ」


初めて描いた絵手紙は、中学生の息子にホメられました。




数ヵ月後の一郎さんは、
「何か俺でもできることないかなー?」なんてボソッという、
ちょっとチャレンジャーなキャラで過ごしています。


「頭の体操」といって始めた脳のトレーニングは、
小学生用の立体パズルでした。

「ちきしょう!頭にくる!」
「こんなこともできなくなるなんて・・・」
といってパズルと格闘する姿は、
明らかに前を向いています。



私はよく、
「だまされたつもりでやってみましょう」
といいます。

時々、
「本当にだましちゃっているけど、いいのか?」
と自問自答することがあります。


一郎さんに教えてもらったことは、
だましてでもとにかくやってもらうということは、
そんなに悪い考えではないんだということでした。


----------------------------------
◎ 作業療法士【支援セラピー】
----------------------------------

「説明よりも、まずは体験」
 それでスーッとうまくいってしまうこともあります。

こちら主導で、
強引にやっちゃっていいときだってあります。

たまにはウソをつきましょう。
たまには嫌われちゃいましょう。

--------------------------------------------------

    よろしくおねがします。
         ↓ ↓ ↓
>>>人気ブログランキングへ<<<
 

メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
目に見える「モノ」にすることによって・・・
手作り砂時計の話。 ...続きを見る
作業療法士のブログ【支援セラピー】 *^...
2008/10/03 06:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
>「立場の弱い人たち」から学んだ、
ごとおはんの この言葉!

確かに「利用者様から 患者様から 教えられる事が多いです」
と言う方は多くいますけど、、、

おいらの感覚で言うと それってなんか崇拝的見方されている様で なんとも居心地が悪いんす

障害者と健常者は一緒だよ!
なんて言う 押し付けのノーマライゼーションが横行する今

ごとおはんの言い回しに 真のノーマライゼーションを見た気がします

http://www.takehisajyuku.jimusho.jp/ ここでかかげてる

手をつなごう「要支援者」



身体障害者も 視聴覚障害者も 知的障害者も 認知症の高齢者も 支援受けてる人も 支援している人も

地域の施設 地域の人たちの支援があれば 地域で共に暮らして行ける人たちが互いを認め合い

「地域での周知と支援を必要とする立場」の部分で手をつなぎ 地域社会に
大きな発信になろう

のように 手をつないで 真のノーマライゼーションを ごとおはんと共有出来たら嬉しいと思うっす

よろしくでがんす。。。
たけちやん
2008/08/18 15:22
↑コメのURL反映されてないみたいだから

名前に入力したよっ。。。
たけちゃん(武久塾)
URL
2008/08/18 15:28
たけちゃんさんへ
貴重なご意見ありがとうございます。

HPの方も、
パワーがみなぎっていますね。
またまた迫力に圧倒されちゃいました。
ごとお
2008/08/19 05:35
その方の言葉、「とにかくやってみなって!!」っていいなぁ!一喝!ですね。障害のあるなしに関わらず、しのごのばかり言ってなかなか一歩が踏み出せない方は多い。背中を押すためにどんなアプローチをするかですよね・・。
「だまされたつもりで」←ちょっと使わせていただきます(笑)
アニキ
URL
2008/08/19 05:58
アニキさんへ
「だまされたつもりで」が、
どこでどう使われるのか?
とても気になります。(笑)
ごとお
2008/08/19 19:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ごちゃごちゃ言わずにとにかくやってみる? 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる