支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 安藤キャスターの失敗。

<<   作成日時 : 2008/09/21 07:23   >>

トラックバック 0 / コメント 4

ニュースキャスターの安藤優子さんが、
「仕事に向かう姿勢の原点になった」
という、失敗話です。


テレビに出始めた20代のころ。
あるイベントの司会で、
大物アナウンサーのアシスタントとして抜擢されました。

いよいよイベントが始まろうとしたときのことです。

隣の大物アナウンサーの、マイクの音声を操作するレバー
があがっていなかったことに気がつきました。


安藤さんは、
「これは忘れているに違いない」
と、手を伸ばしてレバーをあげてあげました。



しかし、
なぜか大物アナウンサーは、
すかさず自分でまたレバーをおろしてしまいました。


実はこうだったのです。



大物アナウンサーは、レバーをあげ忘れていたわけではなく、
自分のタイミングで第一声を発するために、
直前までわざとレバーをおろしていたんだそうです。



「人にはそれぞれ流儀がある」
「出すぎたことをしてしまった」

と、安藤さんは反省しました。


そしてこの一瞬のできごとが、
「知ったような気にならないこと、謙虚な気持ちを持つこと」
という仕事に向かう姿勢の原点になったそうです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


身体障害者が通う福祉施設でも、こんなことがありました。

バスの送迎で施設についた車いすに乗った方を、
初対面のスタッフが、
「さあ行きましょう!」
と車いすを押してあげようとしました。

そのとき、
その車いすに乗った男性は、
ものすごい怖い顔をして

「自分でこげますから」
といって、車いすを押してもらうことを
キッパリと断りました。


この男性は、
脳卒中で倒れ、まだ1年くらいしか経っていませんでした。

IT関係の会社を経営する30代。
婚約者には自分から別れを告げました。


障害者と呼ばれることが嫌。
施設に来ることが嫌。
車いすに乗らなければいけない自分が嫌。

受け入れられないことがいっぱいでした。


都会で華やかな暮らしをしてきて、
現在は実家で両親に世話になっているこの男性は、

「車いすを押してもらうなんて、みじめだ」
と言いました。



----------------------------------
◎ 作業療法士【支援セラピー】
----------------------------------

いつまでたっても、
どこまでいっても、

知ったような気にならない。

----------------------------------  

ちなみにその後・・・
こちらが気がつかないでいることを、ズバッと言ってくれるこの男性と我々は、
けっこうビシバシと言い合えるいい関係になりました。

■よろしくおねがします。 → 人気ブログランキングへ

■参考文献 → 「わたしの失敗 III」 産経新聞文化部(編著)
メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
今回も良いお話でした。今回の話題とそれてしまいますが。
自分でやりたいのに
「車椅子自分で押せます!・・・自分でやりたいのです!」そう口に出来ない人のことを考えてみました。。。
介護される側の気持ちを・・・・・
やる気を失なわせてしまう介護をしていないだろうかと?・・・・
また一つ、お勉強になりました。ありがとうございます。
サッチャン
URL
2008/09/23 06:45
サッチャンへ
確かに、いろんな理由で、「言えない」「言わない」人もいますね。
そんな人たちのためにも、ちゃんと「言ってくれる人」に、感謝しなければいけないんだなって、あらためて思いました。
サッチャンのおかげで、もう一歩深く、考えることができました。
ありがとうございます。

ごとお
2008/09/23 07:22
>「車いすを押してもらうなんて、みじめだ」
と言いました。

この後だと思うでがんす
セラピストさして問われるのは
肉体機能訓練に段階がある様に

気持ち 心のリハビリにも段階があると思うんです
この方が いつまでも自分をみじめだったら社会に出ていけないすよね

いつまでも世間の「がんばって」を痛く感じて拒絶してたら 狭い付き合いになりますよね

腫れ物にさわらなければならない様な障害者扱いされない
社会参加出来る 機能回復と心の回復を導けてこそのセラピストだと おいらは武久塾のOTに言ってます

精神分野を学んでいるのが作業療法士ならぱ
作業的にも心的にも 段階的な社会復帰 参加訓練を おいらは望みます

まゆみさんが言った言葉に「周りの健常者が創ってしまう障害者」ってのがあるでがんす。。。
たけちゃん
2008/09/23 15:27
たけちゃんへ
「社会参加出来る 機能回復と心の回復を導けてこそのセラピスト」。
おっしゃるとおりです。
たけちゃんからのコメントは、
いつも重みがあります。
自分の記事が、なんだか
格調高くなっちゃってます。*^^*
ありがとうございます。
ごとお
2008/09/23 23:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
安藤キャスターの失敗。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる