支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 3秒で上下の関係が入れ替わる言葉。

<<   作成日時 : 2008/10/22 06:07   >>

トラックバック 0 / コメント 7

「車いすに座ったままでは料理なんてできない」

「利き手が使えないので、左手だけでは料理ができない」

「家事は娘に全部やってもらっているし・・・」


これは、
「元バリバリの主婦」
の人たちの言葉です。

私は、作業療法士という職業柄、リハビリの訓練として、
身体の不自由な方と「料理」をすることがよくあります。

そんなとき、大体は、
「先生、おねがいします」と言われてしまう
上下の関係が最初から存在します。

たしかに、身体をどのように使ったらよいか、
道具にどんな工夫をしたら良いかなど、
こちらから教えてあげなければいけないことはたくさんあります。

でも、「料理」そのものは、
「元バリバリの主婦」たちにはかないません。

「先生、おねがいします」
「教えてください」
なんて言われちゃいますが、
私の方こそ「料理の作り方を教えてください」です。

少しでも自信を取り戻し、
少しでもできることを増やし、
少しでも「バリバリの主婦」に近づけるように・・・。

そのためには、
受け身の姿勢でいいのであろうか?
上下の関係が邪魔しているのではないか?

私はこのような疑問を持ちながら、
経験を重ねるうちに、
上下の関係が入れ替わる効果的な言葉を、
自然に使うようになりました。


例えば、こういう感じです。

     ▼

「カレーって、各家庭で微妙に作り方が違いますよね」
「あっ、そうだ!
 山田さん、山田家流の作り方、
 教えていただけませんか?


そうです。
私が自然に身につけた
「3秒で上下の関係が入れ替わる言葉」

それは、

「教えてください」です。


-------------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
-------------------------------------

教えてもらうことで、
逆にその人に、
何か教えてあげられることがあるかもしれません。

-------------------------------------

■よろしくおねがします。 → 人気ブログランキングへ

メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
えー おいらも一障害者として 引け目を感じてたら 東北作業療法士学会にパネリスト参加する事もなかったし

講演する事もなかっただろうし
知事や教授らと話しする事もなかった

なりたくて障害者になる人はいないのだから 自分から弱者にならなくてもいていと思うでがんす

重度障害者のおいらは 自分では弱者だなんておもってないでがんす
ただ「要支援者」だと思っているでがんす 動けても ちゃんと計算出来ても 生きるのが辛い 生きててもつまんないと思ってる「弱者」が沢山います

ごとおはんの弱者の定義ってなんでがんすか?
たけちゃん
2008/10/23 16:46
身体障害でも知的障害でも 高齢者でも「弱い立場」社会的弱い立場でがんすかね

あえて応援したいから言うでがんすが
おいらには弱い立場の人に学ぶが

どうしてもひっかかるでがんす
おせっかいでしたら あいすいませんー。。。
たけちゃん
2008/10/23 17:07
たけちゃんへ
このブログを始めるとき、体が不自由な人や心の病気の人、お年寄り、子どもなどを表現するために、「社会では『弱い立場』になりやすい人たち」と書きました。
専門用語を使わず、一般の人にもわかるような言葉で書いてみようという思いがありましたので、苦しい表現になりました。
実は私自身、この表現には最初からずっと違和感がありました。
でも、他にふさわしい言葉がありませんでした。
だから、たけちゃんが「どうしてもひっかかる」のは、当然のことだと思います。
自分の中に「立場の弱い人」という言葉が、先にあったわけではありません。そこのところはご理解ください。
さて、このたび、
たけちゃんに指摘していただいたおかげで、モヤモヤとしていた自分の気持ちにあらためて気づくことができました。
「ただ『要支援者』だと思っている」という言葉で、気持ちが少し楽になりました。
「支援が必要な人を支援している自分」にあらためて向き合い、言葉を修正していきたいと思います。
これからも違和感を感じましたら、遠慮なく教えてください。
貴重なご意見、ありがとうございました。*^^*
ごとお
2008/10/23 22:50
えー ごとおはん 何かおいらのこだわりおせっかいに反応してくれてもっけでがんす

おいらブログを通して 多くの支援 受ける方も 支援する方も知るでがんすが

支援受ける側は立場上 疎外感やなんやで心痛めてる方が多いんすが

支援する側も 真面目ゆえ懸命なゆえ 行政制度にいきどおりを感じたり 心ない同職の方にいきどおりを感じてしまって心が痛んでる方が以外に多いと言う事実でがんす

だから支援する者と 支援される者が支え合っていかないと、、、

と考えているのが 武久塾なのでがんす
ごとおはんの参考になれるのなら「たけちゃん視線」いつでもおせっかいしまっせー
やっかいになんないように すっかんねっ! 。。。
たけちゃん
2008/10/25 17:34
たけちゃんへ
自分は、わかっているから書いているんではなくて、わかりたくて書いているんではないかと、最近思います。
書いていると、いろんなことに気がつきます。
さらに、コメントしていただけると、もっともっと多くのことに気がついていきます。
いつもコメントありがとうございます。*^^*

ごとお
2008/10/26 06:34
URLにおいらの詩ブログ入れといたでがんす
おいらの詩も 自分の気持ちを言葉にしてしっかり確認する事と

自分はこうでありたい いたいと思い書いているでがんす

コメントも相手のコメントに返事書いている時 気づかされたり 新たな詩材がうかんだりするでがんす
間違いなく 書くと言う行為は 人を成長させるでがんす。。。
たけちゃん
URL
2008/10/26 08:28
たけちゃんへ
「間違いなく 書くと言う行為は 人を成長させるでがんす」という言葉、よ〜くわかります。
私もずいぶん成長しました。*^^*
ごとお
2008/10/26 22:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
3秒で上下の関係が入れ替わる言葉。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる