支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 想像以上に、深いところで感じてくれている人がいる。

<<   作成日時 : 2008/11/21 06:14   >>

トラックバック 0 / コメント 4

高齢者のための施設に通う、
70歳代の男性、細川さんのお話しです。


細川さんは、知らない人が接したら、
病気だと気づかないくらいに軽度なのですが、
「認知症」と診断されています。
リハビリのためにと、家族にすすめられて施設に通っています。


細川さんは、ある程度自覚があり、
「頭が悪くなった」
「なんで忘れちゃうんだろう」
「なんで覚えていないんだ」
と、暗く落ち込んでいるときがよくあります。

あまり笑わない、物静かな人でした。


この施設では、
運転専門のスタッフがいないので、
行き帰りの送迎は、車の運転ができる職員ならば
誰もが交代で担当しなければいけませんでした。

私も時々運転しました。


ある日、細川さんからこう言われました。


「雑な運転をする職員さんが多いんだけど、
 あなたの運転はいいね」

「丁寧にブレーキを踏んでスーッと止まるあなたの運転は、
 骨にしみるよ」

「急ブレーキを踏まれたりすると、骨に響くんだよね」

「私は、人の運転を骨で感じちゃうんだよ」

「その人の心まで、骨に伝わるんだよ」



運転経験の少ない若者が多い中で、
比較的運転歴が長かった私は、
運転がうまい方だとホメられました。

細川さんは、もともと車を運転する仕事をしていたので、
スタッフの運転技術はもちろん、
運転中のスタッフの心の状態まで、
体の深いところで感じていたようです。



ホメられたのはうれしいのですが、
正直、それからは運転しにくくなりました。


一番後ろの真ん中の席が、細川さんの指定席でした。

バックミラーで後部座席を見ると、
必ずといっていいほど、
腕組みをして渋い顔をしている細川さんと目が合ってしまいました。

「見られてる」
「評価されている」
「体の深いところで、自分のハンドルさばきを感じ取られている」
「心の中まで見透かされている」

そんな心境でした。



それから何ヶ月かして、
細川さんは心臓の病気で急に亡くなってしまいました。

前日まで、いつもとまったく変わらぬ様子でした。




あれから何年かたった今では、
当時のやりにくかった思い出が、
逆にとても心地よい時間だった、という思い出に変わってきました。

細川さんは、体の深いところで私の運転に安心して、
体を預けてくれていたんだと、思えるようになりました。

細川さんは、私のよいところを見つけてくれて、
さらに、それを私にちゃんと伝えてくれたんだと
考えられるようになりました。

感謝の気持ちでいっぱいです。



今でも、
運転中に家族から、
「運転が雑だ!」なんて注意されると、
つい細川さんのことを思い出します。

そしてこう思います。

「いけねっ!運転がうまいって、
 細川さんにホメられたはずなのに・・・」



----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

人はだれでも、きっと身近に、
想像以上に深いところで感じてくれている人が
いるんではないかと思います。
そしてそういうのって、気づけたらうれしいです。

たとえ、「注意された?」「批判された?」
と思ったとしても、
「感じてくれたこと」にまずは
感謝したいなと、思いました。

そして自分も、「深いところで感じている」ということを、
もっとうまく伝えてあげられるようになりたい、と思いました。

----------------------------------

■よろしくおねがします。 → 人気ブログランキングへ

メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
実に深い記事ですね。
表だって言葉に出る以上に、人はそれぞれに感じている事があります。
その中で「嬉しかった」とか「スゴイと思った」などの感情は相手に伝えていくと人間関係が良くなるように思います。
また、注意できる優しさも持てたらいいんでしょうが、この部分はなかなか難しいものですね。
Heart さん
URL
2008/11/22 09:54
えー 友のコーチの話では コーチングでの基本は相手を認める「承認」なのだそうでがんす 

ごとおはん 君は相手がどんな立場の人でも 正面を向いて心の 言葉のキャッチボールの出来る 謙虚な人柄なんだと感じるでがんす

療法士も八百屋も総理も障害者も
人の基本は「お人柄」でがんす。。。
たけちゃん
2008/11/22 11:56
Heartさんへ
「言葉に出る以上に感じていること」
「注意できる優しさ」
とても深い言葉をありがとうございます。
今回もまた、いろいろと
考えさせられてしまいました。*^^*
ごとお
2008/11/22 14:52
たけちゃんへ
どんな職業でも、立場でも、
基本は裸の「人柄」。
ほんとにそうだと思います。
私は、イライラすることも多いし、
人の話をちゃんと聞けてなかったり、
態度が大きくなったりしています。
もっともっと謙虚でありたいと思っています。
いつも褒めていただき、
ありがとうございます。*^^*
ごとお
2008/11/22 14:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
想像以上に、深いところで感じてくれている人がいる。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる