支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 相手のほうが、自分に合わせてくれている。

<<   作成日時 : 2008/11/24 05:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

心の病気で入院している女の子がいました。

あるカウンセラーが、毎週病室に訪ねていくと、
いつも明るい表情で、テレビや雑誌の話を楽しくしてくれました。

「この調子なら退院できる」

カウンセラーはそう思いました。



ある日、この女の子からカウンセラーに手紙が届きました。

その手紙にはなんと、

「もう、病室に来ないでください」

と書かれていました。



「あんなに楽しそうにしていたのに、どうしてなんだろう」

そう思って続きを読むと、こう書かれていました。


「先生が来たときに、つまらなかったらどうしょうと思って、
 一生懸命に楽しい話を考えていました。
 でも、もう疲れました。
 だから来ないでください」





このカウンセラーは、
「無理しなくてもいいんだよ。ありのままのあなたと話をしたい」
と返事を書きました。


女の子から次に来た手紙には、
こう書かれていました。

「本当にありのままの私でいいんですか?」



----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

相手のほうが、自分に合わせてくれている
ということがあります。

「よし!いいことをした!」
と思っても、
それは相手の「おかげ」だったりしないか、
振り返っておきたいと思いました。

----------------------------------

■出典 → 小さな幸せに気づく24の物語 中山和義(著)

■よろしくおねがします。 → 人気ブログランキングへ






メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
相手のほうが、自分に合わせてくれている。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる