支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 逃げ道はあったほうがいい。

<<   作成日時 : 2008/12/17 06:14   >>

トラックバック 0 / コメント 2

私が普段おこなっている「作業療法」って、
手の訓練、頭の体操、ココロのリハビリ・・・。
その人に合ったいろんな目的で、
何かひとつの活動に取り組んでもらうことが多いんです。

「ひとつの活動に向かう」

そこから何かが生まれることを期待して、
支援しています。


でも、いつもの活動をしない時間というのもまた、
それはそれで大きな意味があったりもしています。


たとえば、
身体障がい者が通う、リハビリ施設でのこと。


時々、
目の前に作りかけの作品や、
やりかけのモノを置いたまま、
雑談に花を咲かせている人がいます。

人との交流は大切です。



自分がやっていることを中断し、
他の人が何かしているところを
見守っている人もいます。

仲間から学ぶことも大切です。



「今日はなんだかやる気がしない」と言っていても、
とりあえず机の上に、
いつも取り組んでいるものを準備している人もいます。

目に見えない何かは動いているようです。



その活動に直接向かい合っていなくても、
その時間が、大きな意味を持つこともあるようです。


そんなとき、通りかかった他のスタッフが、

「あれっ?○○さんは何もしないんですかー?」
「まだやらないんですかー?」

「手伝いましょうか?」
「一緒にやりませんか?」

なんて声をかけることがあります。

けっこうよくあることなんですが、
実はこういうときって、
なんか空気が変わっちゃうときがあります。

なんでだろう?

そのスタッフの声のかけかたは自然だし、
笑顔でやさしく話しかけているのに。

なんでだろう?

それまでのいい空気が、
微妙に違う方向に向かっているような・・・。


わかりました!(早っ!)


その一言が、

その人の、

逃げ道をふさいでしまう
からなんだと思います。


今日はやらなくてもいい。
まだやらなくてもいい。
他のことをしてもいい。

そんな「逃げ道」があるからこそ、
生まれることもあるのではないかと思います。


-----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
-----------------------------------

よかれと思ってやっていることで、
その人の逃げ道をふさいでしまっている
ことがあるかもしれません。

逃げ道をふさがないように、
気をつけたいと思います。

できれば、
「あえて逃げ道を用意しておく」
くらいの余裕を持ちたいです。

-----------------------------------

もちろん、「自ら逃げ道をふさいで」
ということが必要なときもあると思います。*^^*
メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
逃げ道は会話でも必要です…ネ。

人と会話するとき理詰めで囲んでしまうと
頭で理解しても、納得する人より反発する人が多い。

火薬でも粉状に火をつけても燃えるだけだが
密閉した中で火をつけると恐ろしい破壊力を持つ

何事も逃げ道が必要ですね。
 仕事でも対人関係でも… 
 の心境が判るまで私は60年も掛かった (^-^o)aaa
華之将
URL
2008/12/19 00:52
華之将さんへ
「火薬」に例えたお話、とてもイメージしやすいです。
「逃げ道」って、簡単に使ってしまった単語ですが、
華之将さんの言葉を読み、その深さを味わうことができました。
ありがとうございます。*^^*
ごとお
2008/12/19 06:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
逃げ道はあったほうがいい。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる