支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 欽ちゃんセラピー。【その2】

<<   作成日時 : 2009/01/05 05:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

萩本欽一さんはいい人だから、
公衆マナーの悪い人に対して
さぞかし腹を立てているんだろうな、
なんて思ったら、

大間違いでした。



そういうことには、
抵抗を試みないそうです。


それどころか、

徹底的に関心がない
そうです。

「徹底的に」
です。



公衆マナーが悪い人に対して、
正義の代表みたいな感じで登場した人が使う

「やめなさい!まわりの人が迷惑してるじゃないか!」
なんていう言葉は、

「すごく気持ちが悪い」
と言っています。


とにかく、
気持ちの悪い言葉を減らしましょうって、
欽ちゃんは言っています。


なるほど!


----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

「注意する」「叱る」「指示する」・・・。

立場によっては、言いにくいことも、
言わなくちゃいけないときって、
あると思います。

そんなときは、どうせなら、なるべく、
「気持ちのいい日本語」を、
使いたいと思いました。

----------------------------------

■出典 → 「快話術」 萩本欽一 (著)
■関連記事 → 欽ちゃんセラピー。
メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最初、?ってなりましたが、なるほどです。
似たようなこと、スーパーとかで親が子供を叱るときに使ってるような気がします。
注意する理由も一番しっくり来るものでなければダメですね。
まつこ
2009/01/08 20:23
まつこさんへ
コメントありがとうございます。
私も、自分のこどもに対して、
もっといい日本語を使いたいと思いました。
特にスーパーとかで。(笑)
ごとお
2009/01/08 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
欽ちゃんセラピー。【その2】 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる