支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 最強の「相づち」。

<<   作成日時 : 2009/01/19 06:18   >>

トラックバック 0 / コメント 2

「声に出して読みたい日本語」などの著者であり、
明治大学教授の、斎藤孝さんの講演会で聞いた話です。

最強の「相づち」は、

「ほぉーっ」
なんだそうです。


「すごい!」「初めて聞いた!」「なるほど!」
という気持ちを込めた、
「ほぉーっ」という相づちは、
最高に相手の気分をよくするんだそうです。


ある「達人」と呼ばれているカウンセラーが、
カウンセリング中に、
「ほぉーっ」と、
わざとはっきりと大きな声で相づちを打つように、
心がけてみたところ、
確かにとても効果的だったそうです。


このカウンセラーは、
「ほぉーっ」が本当に最強の「相づち」であるのかを確かめるために、

今度は、
日に日に、だんだんと小さな声で
相づちを打つようにしていきました。

最終的には声に出さず、
心の中で相づちを打つようしました。

相手の反応がどう変わるか調べたのです。


しかし、なぜか相手の反応に変化がなかったそうです。


なぜ?

どうしてか?


このカウンセラーは、その理由にふと気がつきました。


それは、

言葉をなくしても、
「ほぉーっ」という「体」で、話しを聞いている自分がいたから。



言葉はなくしても、
体だけで「最強の相づち」を打っていたのです。

先に言葉があり、
そのとおりの「体」になったというわけです。


---------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

「先に言葉ありき」と言われますが、
ほんとうにそうだと思います。

たとえ、何か理由があって、
声に出して言うことができなくても、
自分の中に、「言葉」がちゃんとあれば、
それは伝わってしまうんだと思います。

実際にその言葉を口にできなくたって、
人を支援することができる。
自分の中に言葉を持ったままだって、
人を支援することができる。

そう考えると、おたがいにラクな関係で
いられることもあるんじゃないかなと思います。

----------------------------------

■いつもありがとうございます。 → 人気ブログランキングへ
メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。なかなかコメント出来なくて、すみません

ほーっ・・振り返ってみると、「へ〜」はよく使ってるけど、「ほー」はあまり使ってなかったですね・・・

また、「ほー」の言い方にも色々とバリエーションが作れそう。明日から早速試してみよう!!

ありがとうございました!!
アニキ
URL
2009/02/09 23:29
アニキさんへ
私は、しっかりと「相づち」を打つようにしたら、以前よりも人にやさしくできるようになった気がします。
ぜひ、いろいろとお試しください。
コメントありがとうございます!!
ごとお
2009/02/10 04:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最強の「相づち」。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる