支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「長所」「短所」という便利な分類。

<<   作成日時 : 2009/01/25 06:38   >>

トラックバック 0 / コメント 4

私の住む地区には、
車いすに乗った方がそのまま乗ることができる、
リフトつきの路線バスがあります。

段差を無くした低床のバスもあります。

年々、こういったバスが増えてきました。


リフトつきのバスは、
運転手が降りてリフトを操作するので、
乗っているお客さんは、通常よりも少し長く待っていなければいけません。

そうでなくても、体の不自由な方がバスに乗るときは、
何かと時間がかかるもので、
他のお客さんを待たせてしまうことはあるものです。



身体障がい者が通う、福祉施設でのこと。


「バスに乗れるようになりたいんだけど、
 なにかコツとかあるの?」


杖をついて歩く恵美子さんに、
相談されました。


他のお客さんを待たせてしまうのではないか?
運転手さんも、嫌がるのではないか?


とにかく心配だと言うのです。


実は、恵美子さんの体の状態から考えれば、
特別に配慮されたバスでなくても、
今すぐに乗ることはできるのです。

ただ、少々時間がかかるだけなんです。

恵美子さんがバスに乗ることができないのは、
不自由な体が原因なのではなく、

控えめで傷つきやすく、
慎重であるという性格が、
理由だったのです。



「バスに乗れるようになるコツは?」と聞かれ、
私は、反射的にこう答えていました。

「はい、ありますよ」
「先輩のツヤさんのように図々しくなることです(笑)」



脳卒中で倒れ、車椅子生活になったツヤさんは、
ひとりで歩くことはできませんが、
車いすをこいで、どこへでも出かけていきます。

バスや電車も、ガンガン利用します。


多くの団体やサークルに席を置き、
そのうちのいくつかの団体で役員を務めてるツヤさんは、
「エネルギッシュ!」や「パワフル!」
というありきたりのことばでは表現できない人です。

その言葉の方が負けてしまいます。

 
若いスタッフに説教をします。

「あんたねぇ〜、もっと大きな声でしゃべんなさいよ!」
みたいに。


今どき珍しい、他人の子どももちゃんと叱ってくれる
「近所のおばちゃん」です。


明るくて社交的なのはものすごくいいのですが、
ちょっと図々しい人です。

迫力もありすぎます。(笑)


ツヤさんにサークルに誘われた人の中には、
「さっそく明日から来なさいよ!」
とか言われます。

ツヤさんを怖がって、
「やめようかな?」と言う人も、時々います。


バスに乗ることについても、こう言います。

「運転手?他のお客さん?
 そんなの待たせとけばいいのよ!
 笑顔で『どうもすいませ〜ん』って、
 言っとけばいいのよ!」



豪快なツヤさんは、
いつもまわりをいいムードにしてくれています。

勇気を与えてくれます。

いいお手本になってくれています。


ツヤさんを見ていると、
「長所」とか「短所」っていう言葉さえも負けちゃって、
「もうどっちでもいいや!」
「とにかくそれがツヤさんなんだ!」
って納得してしまいます。

-----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
-----------------------------------

「その人らしさ」を、
「長所」「短所」という便利な分類に、
あまり頼りすぎないように、気をつけたいと思います。

-----------------------------------

人気ブログランキングへ
メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
理学療法士を目指して4年制の専門学校に通っている3年生です。
ブログ一通り読ませていただきました。

いろいろな所から、発見を見つけられていてすごいなと思いました。

今、自分の中で『オレなんかが人を救う事ができるのか』と考えてます。

PT・OTは何から患者様を救えるのでしょうか??
パーマん
2009/01/27 01:22
パーマんさんへ
難しい質問です・・・。
直接の答えになってないかもしれないですが・・・。

「オレなんかが・・・」って、謙虚な人ほど、より多くの人を救えるのではないかと思います。
「何から患者様を救えるのだろうか?」と考えることが、その人を救うことになっているのではないかと思います。

パーマんさんのおかげで、いくら経験を積んで自信をつけても、変わらずに謙虚でいたいって、あらためて感じることができました。
コメントありがとうございます。
ごとお
2009/01/27 06:11
私は、1・2年の時は患者様を相手にするという意識がなく勉強もほとんどしていませんでした。

夏に評価実習をして、自分の甘さを痛感しました。

今は、強い理学療法士になりたいと思っています。
パーマん
2009/01/27 15:36
パーマんさんへ
「強い理学療法士になりたい」というパーマんさんの言葉に、とても深いものを感じてしまいました。
自分のことがわかったり、こうなりたいと思えたり、
そういうことって、すばらしいなと思いました。
パーマんさんには、エネルギーをもらえたような気がします。
ありがとうございます。
ごとお
2009/01/28 05:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「長所」「短所」という便利な分類。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる