支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 余計なことをするよりは、いいのかもしれない。

<<   作成日時 : 2009/06/30 05:48   >>

トラックバック 0 / コメント 6

日曜日。
家族で大型ショッピングモールに出かけました。

人、人、人。
人の洪水の中、小学生の娘とベンチに座って、
ボーッと休憩していました。


そこへ、若いママさんが、
赤ちゃんを乗せたベビーカーを左手だけで押しながら
こっちに近づいて、
私たちの横のベンチに腰掛けました。


歩き方は自然ですが、どうやら、
右腕はマヒして動かないようでした。

ぶらんとしている腕の状態を見て、
すぐにわかりました。



私は、リハビリ専門職として、つい、
いろんなことを想像してしまいました。


このママさんは、片手で赤ちゃんを抱っこするのだろうか?

ベビーカーにぶら下がっている買った荷物が多すぎるけど、
ベビーカーが転倒してしまわないだろうか?

誰か他に一緒に来た人はいないのか?

自宅は近いのか?




職業柄、どうしても余計なことまで想像し、分析してしまいました。



そこでふと気がついたことがありました。


真剣な顔になっちゃってる自分がいたのです!

怖い顔していたかもしれません。



難しい顔してジロジロ見ている私に、
ママさんが気づいたら、
きっと嫌な気持ちになるだろうと思いました。


以前書いたように、(→こちら
私はとっさに、
「あたたかい目で見守るだけでいいんだから」
と自分に言い聞かせました。



結局ママさんは、
携帯でメールをしながら、時々赤ちゃんをあやしていて、
私と顔を合わすことはありませんでした。


でも、
どうしても何かしたくなった私は、
仕方なく、
こっちを見ていた赤ちゃんに微笑んでみました。


隣に座っている娘からは、

「何ニヤニヤしてんの? 気持ち悪いよ!」

なんて言われましたが、(笑)
私はスッキリとしていました。


何かできたからです。
具体的に何かできたからです。


これでいい。
これでいいのだと自分に言い聞かせました。


この母と子を、
難しい顔してチラチラと見たりしなくてよかった。

自己満足ですが、
すがすがしい日曜日の午後でした。




----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

自分のためでもいいのかもしれない。
自己満足でもいいのかもしれない。
何も伝わらなくてもいいのかもしれない。

余計なことをするよりは、いいのかもしれない。

----------------------------------

>>>人気ブログランキングへ<<<
  >>>にほんブログ村へ<<<




メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この「見守る」と言う行為
親子関係にも大切なんでがんすが

一応は息子二人は社会に巣立って行ったでがんすが
思い起こすと 彼らの思春期に どっしり見守れてた 親父だったのかな? と思うのでがんす。
武ちゃん
URL
2009/07/01 10:55
武ちゃんへ
いろんな関係での「見守る」を考えてみると、「見守る」って、けっこう奥が深いですね。
ごとお
2009/07/01 23:05
手を出すわけでも無関心なわけでもなく「見守る」というのはとても絶妙なバランスで関わる時に成り立つのでしょうね。
まつこ
2009/07/02 00:50
まつこさんへ
「見守る」という言葉はよく使いますが、「バランス」という視点で考えてみると、意外と難しいことなのかもしれないですね。
ごとお
2009/07/02 05:53
わたしも昨日病院に行ったのですが、足を骨折していて認知症もありそうな高齢者をその娘さんとケアセンターのヘルパーが付き添って待っていました。
ご本人は「帰りたい」と小さな声で言っているのが聞こえます。娘さんが強い口調で「もう少しだからね」と何度も言っていました。
わたしも母を通院させた事がありましたので、すぐ近くで聞いているわたしは声を掛けようか迷っていましたが、結局は黙っていました。しかし、ごとおさんと同じようにお祖母様に対して微笑みを持って頷きを返してあげました。伝わったかどうかはわかりません。
Heart さん
URL
2009/07/05 00:12
Heart さんへ
おぉっ!同じようなシチュエーションだったのですね!!なぜかうれしいです。

ごとお
2009/07/05 05:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
余計なことをするよりは、いいのかもしれない。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる