支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「病気のことなのに、幸せの涙を流せるんだ」

<<   作成日時 : 2009/07/20 05:09   >>

トラックバック 0 / コメント 2

乳がんになった、68歳の主婦、
岡本さんのお話しです。


「がんの告知を受けたときも、
骨に転移したと告げられたときも、
涙はなく、とても平静だった」

「私って、なんて強いんだろう」

そう思っていた岡本さん。


病気になって初めて泣いてしまった
できごとがありました。




抗がん剤の副作用の「脱毛」に備えて、
カツラをあつらえたときでした。

小学5年生の孫が、

「カツラ代に、自分が貯めたお小遣いの全部、
6万円を使ってほしい!」


そう言ってきたそうです。


結局は、娘家族4人からカンパということで、
ひとり1万円の、合計4万円を受け取ることになりました。

高校1年生と、小学5年生の孫も、
1万円ずつ出してくれたそうです。




そのお金が届いた日の夜。


岡本さんは、お風呂でシャワーをジャージャー流しながら、
思い切り泣いたそうです。

大声で泣いて、涙をボロボロ流しました。


岡本さんは言います。

「病気のことなのに、幸せの涙を流せるんだ」



たまっていたものが全部洗い流せたみたいに
さっぱりしたそうです。









----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

どんな状況でも、
しあわせを感じてもらえることはある。

----------------------------------

【出典】 「毎日にありがとう」 朝日新聞出版 (編)

>>>人気ブログランキングへ<<<
  
メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『病を得る』という表現がありますが、病気のおかげで 本当に大切なものに気付かされる、ということもあると思います。幸せのツボは、人それぞれ。なかでも 家族って 急所ですね…。この記事は、何度も読み返して しまいました。(ToT)
北あかり
2009/07/21 22:22
北あかりさんへ
「幸せのツボは、人それぞれ」って言葉、すごく納得できました。それから、「家族って 急所」って言葉も。*^^*
ごとお
2009/07/22 05:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「病気のことなのに、幸せの涙を流せるんだ」 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる