支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 批評されたい。

<<   作成日時 : 2009/10/17 06:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

97歳を過ぎても現役の医師である、
日野原重明さんの言葉です。


「音楽や美術、彫刻などの芸術は、
聴く人、観る人の批評によって育てられる。

悪い演奏をしたら、よくない作品を出品したら、
その芸術家は次に表舞台に出る機会を失う。


ところが、医師や看護師が行う医療の実践を
評価できる患者は作られてこなかった。

一般の人に知識を与えず、
医療について評価できる患者がいない。

だから医のアートが発展しないのである。

これは患者はもとより、
医療者にとっても不幸なことではないか」


ちゃんと批評されているのだろうか?

明日の舞台、明日の発表の場がなくなるかもしれない
という覚悟でいる芸術家に比べたら、
自分はまだまだあまいのではないか?


----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

批評されているか?
批評されても耐えられるか?

----------------------------------

【出典】 「いのちの言葉」 日野原重明(著)
メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
批評されたい。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる