支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS サイモントン式支援セラピー。

<<   作成日時 : 2010/09/30 05:32   >>

トラックバック 0 / コメント 2

「サイモントン療法」をご存知でしょうか?

アメリカのサイモントン博士が開発した治療法のことで、
プラス思考のもつ力を利用した「イメージ療法」です。


病気が治っていくイメージを強く心に思い浮かべるんです。

たとえば、

「がん細胞を、自分の体の他の細胞が食いつぶしてくれる
というイメージを思い浮かべる」


とか、

「冷え性の人が、太陽とか夏の日を思い浮かべる」

とか。


そうすることで、
実際にがん闘病者の生存率が高くなったり、
血行がよくなって全身があたたかくなってきたりするのだそうです。


プラス思考って、
人間の体に大きな影響を与えるんですね。


人間の持つイメージ力って、
ものすごい威力です。



そこで。

あらためて。

リハビリ専門職・作業療法士の私は、
相手の人がもっとプラスのイメージができるような支援を
しなくちゃいけないなと思いました。


たとえば、体が不自由で、歩く練習が必要な人に対して。

「毎日少しでも歩行練習をしないと、よくならないですよ」

というようなことをつい言ってしまいます。

よかれと思ってアドバイスをしているつもりですが、
これでは、病気が治らないイメージも与えてしまいます。


「毎日散歩に行けるといいですね。
太陽の日を浴びるのって、気持ちいいですよね」


というように言えたらどうでしょうか。


こうすると、
太陽の下を気持ちよく歩いているイメージができますね。




----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

プラスのイメージができる
支援をしているだろうか?

----------------------------------

【出典】 血圧心配症ですよ! 松本光正(著)

メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほどねーーまたまた勉強になりました。
たしかにイメージって大切ですね。自分が回復しているイメージをありありとイメージできたら、ポジティブなエネルギーが沸いてきそうですものね☆
臨床のいいヒントになりました。ありがとうございます。
すぎなが
URL
2010/09/30 21:13
すぎながさんへ
こういうことって、わかっているつもりでも、実際にはできていないことが多いのではないかと思っています。
がんばります。*^^*
ごとお
2010/10/01 06:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サイモントン式支援セラピー。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる