支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとつの役割

<<   作成日時 : 2010/12/30 05:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

足が不自由で、
外出には杖がないと歩けないという、
山村さんのお話です。


あるお店で順番を待っていたときでした。

5歳くらいの男の子が、

「お席をどうぞ」

と、声をかけてくれました。


その男の子のお母さんも、
笑顔で席のほうへ呼んでくれています。


山村さんはお言葉に甘え、
男の子の目を見て

「ありがとう」

と言って腰掛けました。


男の子も声をかけることに勇気がいったようで、
恥ずかしそうな、
でも、言えてよかったと、

ほっとした顔をしていました。



このとき山村さんは、

「私たち障害のある人の、
 ひとつの役割を感じた

と言います。



それは、

「受けた親切を素直に受け入れ、
 感謝の気持ちを伝えること」



そうすることで、
やさしい心を子どもたちの中に
育てていけるのかもしれないと、
山村さんは考えました。 



----------------------------------
● 支援セラピー! *^^*
----------------------------------

「役割」には、いろいろあるってことを、
知っておきたい。

----------------------------------

【出典】 「涙が出るほどいい話 第十集」


これが2010年最後の記事になります。
今年もお世話になりました。
来年もよろしくおねがいします。

新しい年も、みなさんにとってよいお年でありますように。



メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ひとつの役割 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる