支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 『行く場所』と『帰る場所』をごっちゃにしているのかもしれない。

<<   作成日時 : 2011/01/18 05:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「『居場所』というとき、多くの人は、
『行く場所』と『帰る場所』を
ごっちゃにしているのかもしれない」



これは、作家の山田ズーニーさんの言葉です。



ハッとしました。

それ、俺っす。




これまで、
障害者の方が日中通う施設に勤務することが多かった、
リハビリ専門職・作業療法士の私は、

「居場所」をキーワードとしてきました。



家事ができなくなり、
家庭内で居場所がなくなった人がいました。

仕事を失い、
社会での居場所がなくなってしまった人がいました。


居場所、居場所、居場所。

とにかく人には「居場所」が必要である
と思ってきました。


施設が一時的な居場所であってもいい。
ずっといられる居場所であってもいい。


でもどうだろう。

「行く場所」と「帰る場所」
に分けて考えてみたら。



たとえば
身体障害者のためのリハビリ施設に通う人の中には、
おしゃれして「おでかけスタイル」でやってくる人がいます。

そうすると、そのリハビリ施設は、
日中の「居場所」ではあるけれども、
「行く場所」でもあると言えます。

そうなると、家族の待つ家庭は、
「帰る場所」です。


「行く場所」と「帰る場所」、
両方とも、その人にとっては大切な「居場所」なんですね。


どうやら、
「居場所」という1つのくくりだけで見てしまうと、
大切なことを見逃してしまうことになりそうです。



----------------------------------
● 支援セラピー! *^^*
----------------------------------

「居場所」という、1つのくくりで見ないで、
「行く場所」と「帰る場所」に分けてみる。

----------------------------------

【出典】 「働きたくない」というあなたへ
     山田ズーニー(著)




メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『行く場所』と『帰る場所』をごっちゃにしているのかもしれない。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる