支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 就労相談をしている相談員さんの失敗から学んだこと。

<<   作成日時 : 2011/02/01 06:12   >>

トラックバック 0 / コメント 2

障害者の就労相談をしている相談員さんから聞いた
エピソードです。



バイクに乗って相談にきたその方は、
脳の病気で言葉が不自由でした。


カタコトで、「仕事をしたい」と言われました。

住所・氏名・年齢くらいはスラスラと書きましたが、
話すことが苦手のようでした。

以前働いていた会社の名前を言うことができず、
ペンで紙に書いて教えてくれました。


相談員さんが話すことに、
その方がうなずいたり、首をかしげたり、
というやりとりで会話が進みました。


相談員さんは、

「こちらの言うことの8割から9割は理解してくれている」

という手ごたえを感じました。

単語レベルであれば、ほとんど伝わっていると感じました。


わからないことに対しては、
しっかりと首をかしげてくれていたので、
うなずいてくれたときは、
100%伝わっていると思えました。


詳しい検査をするため、カレンダーでしっかりと確認し、
次回またお会いする日の約束をし、
1回目の面接が終わりました。


ところが、

その方は、

約束の日の前日にいらっしゃいました。

日にちを間違えていたのです。


相談員さんは、やっぱりメモをしてもらうか、
こちらで日時を書いたメモを渡せばよかったと、
反省しました。




----------------------------------
● 支援セラピー! *^^*
----------------------------------

伝えることで終わりではない。

何が伝わったのか?が大事。

----------------------------------

ちなみにこの方の詳しい検査を担当するのが、
リハビリ専門職・作業療法士の私でした。
約束の1日前で、あわてましたが、
なんとか都合をつけてこの方にお会いできました。




メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも、いつも、ハッとさせられる記事をありがとうございます。

今回のことも、
私たちは、つい「説明した」「伝えた」と言いますが、
それは、相手がきちんと理解して、初めて言えることなのだと思います。
それが確認できないうちは、「〜した」とは言えないのだ、と。

なので、「説明したのに〜」と相手を非難するのは、
相手に対し、失礼なことなのだ・・・、と
思っています。
どりーむ
URL
2011/02/02 19:41
どりーむさんへ
そうそう、「説明したのに〜」ってこと、ありますよね。振り返れば、失礼なことを言ったり、思っちゃったりしていることって、けっこうありますよね。
ごとお
2011/02/03 05:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
就労相談をしている相談員さんの失敗から学んだこと。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる