支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS どんな「答え」をもらっても納得がいかず、同じ「問い」を持ち続けている人。

<<   作成日時 : 2011/04/23 05:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

身体障害者が通うリハビリ施設でのことです。


同じ質問を、いろんなスタッフにぶつけて回る人が、
時々います。


どんな「答え」をもらっても納得がいかず、
同じ「問い」を持ち続けている人がいます。






「どうして病気になってしまったんだ?」

「どうして自分が?」

という「問い」。



「どうしたら麻痺が改善するのか?」

「どうしたら歩けるようになるのか?」

という「問い」。



「どうしたら仕事に復帰できるのか?」

「これからどんな生活をしていけばいいのか?」

という「問い」。



その苦しい問い、まっすぐな問い、
あきらめの問い、希望の問いに、
私たちは答えを求めます。


リハビリ専門職・作業療法士の私は、

問題を解決するために、「正解」を求めます。


私にはそう簡単には解決なんてできないとわかっていても、
「答え」を返すことが、
自分にできる唯一のことだと思ってしまいます。


でも、どんな「答え」も、
相手には響かないことがあります。

ありました。



同じ「問い」を持ち続けている人は、
「答え」が欲しいのではなく、
「問い」を共有してもらいたいのではないかと思います。

まずは受け止めてほしいのではないかと、思います。



「問い」でとどまっている人がいます。


どんな答えを聞いてもおだやかになれない人がいます。


そんな「時期」にいる人が、いるようです。



「正解」を求める前に、
「問い」を共有することが大切なときが、
たくさんあるように思います。


多くの出会いから、今、
本当にそう思います。


深く深く、
そう思います。



----------------------------------
● 支援セラピー! *^^*
----------------------------------

「問い」を共有する。

----------------------------------

【参考】 手ばなす技術 伊藤守(著)


メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どんな「答え」をもらっても納得がいかず、同じ「問い」を持ち続けている人。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる