人の上に立つと、いろんなことが見えなくなります。

立ち位置セラピーその2です。

上司、先輩、リーダー、先生、親・・・など、
人の上に立っている人って、
意外に多いものです。

意識していなくても、
いつの間にかそうなっている人も多いでしょう。

私の場合、
職場では「先輩」「リーダー」であり、
家庭では2人の娘の親であります。

障害のある方からは、「先生」なんて呼ばれることもあります。
ご家族からも、「職員さん」とか、「先生」って呼ばれたりもします。

・・・・・・。

あれっ?
いつの間に?


って感じです。

あんまり気にしていなかったけど、
実は今日も、自分のそばには、

自分よりも「立場の弱い人」がいます。

人の上に立つと、

いろんなことが見えなくなるような気がします。

-----------------------------------
 ◎ 作業療法士の【支援セラピー】
-----------------------------------

自分の立ち位置は、
自分で決められないこともある。
いつの間にかそうなっていることもある。

だからやっぱり、
ときどき立ち止まって確認することにしよう!

-----------------------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック