ぬるま湯を用意しているのは誰か?

精神科医で作家の斎藤茂太さんの著書、
「グズをなおせば人生はうまくいく」より。


ある老人ホームでのこと。


▼A棟では、
医師や看護師や介護職から、

「責任をもってみなさんを介護しますから
 安心してください」

と言われました。


▼B棟では、
「入居者のみなさんの自己責任で、
 自分の身のまわりや花の世話などをするようにしてほしい」
 
と、その棟の責任者が訴えました。



1年半後、
亡くなった方の数を調べました。



だいたい予想がつきますよね。



そうです。



そのとおりです。



至れり尽くせりのA棟で亡くなった人の数は、
自己責任を求められたB棟の

2倍でした。



----------------------------------
◎ 作業療法士【支援セラピー】
----------------------------------

ぬるま湯が心地よくて出られない人がいます。
でも、
ぬるま湯はいつか冷めてしまいます。

冷めた後が大変です。

ぬるま湯を用意しているのは誰か?

「まさかの自分だった」
なんてことが、
あったりします。

ぬるま湯は、
用意している人も

「そのときはあたたかくて気持ちいい」
のです。

-----------------------------------


    よろしくおねがします。
         ↓ ↓ ↓
>>>人気ブログランキングへ<<<












この記事へのコメント

まつこ
2008年08月09日 15:07
はじめまして、mixiから来ました。
確かに、
と思った反面、
ぬるま湯も弱っている人には必要なのかも?
と思う僕も居ます。
他の記事も興味深いのでまたちょくちょく来るかもしれませんが、よろしくお願いします。
ごとお
2008年08月09日 16:22
まつこさんへ
コメントありがとうございます。
私も、ぬるま湯が必要な人もいると、思っています。人間相手のことですから、簡単に白黒つけられないし、正解はないのかもしれませんね。

「ぬるま湯も弱っている人には必要なのかも?」
と思えるまつこさんは、
きっと人と良いかかわりができている方なんだろうなと、思いました。
これからもよろしくおねがいします。

この記事へのトラックバック