作業療法士の【間接支援セラピー】

娘が小学3年生のとき、
保護者会から帰ってきた私の奥さんから聞いた話です。



担任の先生が、
悪いことをした生徒を
教室で怒っていたときのこと。


エキサイトした先生は、
つい、大きな声で説教をしてしまいました。


そのとき、
その声が廊下に響かないように、
そっと教室のドアをしめてくれる
やさしい子がいました。


怒られている子への配慮だったのですが、
先生にとっては、
大きな声を出してしまった自分への配慮であるとも、
受け取れました。


その、
さりげないやさしさを見た先生は、
ふと自分を見つめなおすことができ、
冷静さをとりもどしたそうです。



このやさしい子は、


実は、


なんと!


我が娘だったのです。(じまん)


ナイス!!! 我が娘。


----------------------------------------
◎ 作業療法士【間接支援セラピー】
----------------------------------------

向かい合えなくてもいい。
向かい合わなくてもいい。

直接支援できなくてもいい。

間接的に支援できることだってある。

----------------------------------------

 親バカですが、よろしくおねがいします。
         ↓ ↓ ↓
>>>人気ブログランキングへ<<<
  

この記事へのコメント

すなっきー五五
2008年08月23日 22:30
ナイス!(笑)
ごとお
2008年08月24日 05:38
すなっきー五五さんへ
ナイスコメント!!

この記事へのトラックバック