二度目まして。

「記事を100本書くころには、
新しい自分に出会えるのかもしれない」
 少ないけど。(笑)

そう考えて、とりあえずの目標である、
100本の記事を書きました。



いろんな自分に出会えました。
大勢の新しい自分がそこにいました。
ちょっと多すぎ?なくらいです。(笑)

「新しい自分たち」をちょっとだけ紹介します。




「まだまだわからないことがたくさんある」
「勘違いしていたことがたくさんある」と気づき、
凹みました。(笑)


「支援する」ということを、
狭い世界で考えていたことに気づき、
凹みました。


自分ではゼッタイそんなことはない、と思いながらも、
上からの目線で人を見ていることが、
まだまだたくさんあったことに気づき、
凹みました。


「○○してあげる」の「してあげる」と思った時点で、
自分の視点が狂いやすいということが、
わかってきました。


「支援される人」と、「支援する人」という2種類の人がいるのではなく、
そのとき、その場面によって、
人はどちらの立場にもなりうるということが
わかってきました。


ただ、たまたま「支援してもらうことが多くなってしまう人」と、
「支援することが多い人」がいるだけなんだと、
わかってきました。


自分はたまたま、職業柄、
「支援することの方が多い人」であるだけなんだと、
わかってきました。


人は誰でも、
多くの人に支えられ、
多くの人に助けられているんだということが、
わかりました。




私は、4歳の娘にだって、支えられ、助けられてきたことに気がつきました。
娘の存在そのものに、支援されている自分がいました。





こんな感じで、大勢の「新たな自分たち」に出会えました。

みなさんのおかげです。、ありがとうございます。


このブログは、引き続き、
「支援する(支え、助ける)」という視点について、考えていきます。

今までよりももっと視野を広げて、書いていきたいです。

書きながら、大切なことに気づいていきたいです。

いろんな人と一緒に、考えていけたらいいです。

そして、

誰かのお役に立てれば、うれしいです。








ひとりごと。 → とりあえず、200本安打目指していくぜ!                     

この記事へのコメント

2008年11月13日 09:49
えー ごとおはんの「支援」に対する考え方 武久塾的に言ったらすんげーでがんす

今日来る 武久塾主任で訪問リハのOT(認定なんとかとかマスターとか言ってた)に見せたら唸ると思うでがんす

来年のリハ専門学校のおいらのセミナーの時 このブログぜってー紹介しょっと

自信はあるけど自慢はしない 愚直なリハビリ職人でいてつかーさい
おいらたち 利用者 患者のためにも

100を通過点に 励みにしてどんどん進化してつかーさい。。。
ごとお
2008年11月13日 22:22
たけちゃんへ
「自信はあるけど自慢はしない」という言葉、とても気に入りました。「そうありたい」と思いました。
いつもありがとうございます。
これからもよろしくおねがいします。 

この記事へのトラックバック