「元気をもらえる自信はあります」

マナカナちゃん主演の、
NHK連続テレビ小説「だんだん」の中で、
とても気になったセリフがあったので、
紹介します。


主人公のめぐみは、
介護福祉士になるために勉強をしている1年生です。

ある日、ボランティアをしたくて、
老人ホームを訪ねました。

施設長との面接の場面です。


「ここでどういうことをしたいの?」

と聞かれためぐみは、

「まだ1年生で実習もしていないし、
 自分がどういうふうに役立てるかわからないけど・・・」
と前置きをした後、こう言いました。



「でも、
 私が元気をもらえる自信はあります!!!」



この一言で、厳しい顔からスッと笑顔になった施設長は、

「いつから来れる?」
とめぐみに聞きました。


めぐみの言葉は、
謙虚な気持ちと、
お年寄りを尊敬する気持ちがこもっていました。


----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

自分が何かを「してあげる」
という視点だけに、なってしまっているときがあります。

自分の方が、「○○してもらえる」
という視点で接することだって、
その人を支援していることになるんだと思いました。

----------------------------------

■よろしくおねがします。 → 人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2008年11月16日 14:49
100本安打達成おめでとうございます。
人間いつまでも働かせていただいているという謙虚さを持っていないといけませんね。
CMに「人は、人から育てられる」って言ってますもんね。
ごとお
2008年11月16日 17:55
Heartさんへ
ブログを始めたばかりの頃から、コメントしていただき、感謝しております。おかげさまで続いております。
ほんとにありがとうございます!!!
これからもよろしくおねがいします。

この記事へのトラックバック