ピカソ式リハビリテーション。

ピカソは生涯、8万点もの作品を残したそうです。

1日に3点のペース。
しかもすべて質が高い。

すごい量と質なんですが、
実はピカソ、

「すべての作品が未完成だ」

と言っています。


ん? 何だって? 
 

未完成?


それはいったいどういうことか?

どういうことなのでしょうか?


ピカソはこう言いました。


「絵は完成させるものではなく、
『さまざまな状態』があるだけだ」




リハビリ専門職・作業療法士の私は、
学生時代から、
リハビリ目標を立て、
その計画に基づいて患者さんや利用者さんを支援してきました。

目標は人それぞれだけど、
「ゴール」「到達点」という言葉に置き換えられ、
ひょっとしたら、
その人の「望ましい完璧な状態」
をこちらで勝手に想像し、
それを目指してきたのかもしれません。



----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

目標達成もすばらしいですが、
目標に向かっている姿そのものも
同じくすばらしい。

「『さまざまな状態』があるだけ」
と思えるようにしたいです。

----------------------------------

■出典 → 「齋藤孝の天才伝3 ピカソ」 齋藤孝(著)

この記事へのコメント

2009年05月29日 11:42
えー今回URLに入力した詩ブログは
おいらが障害者になって書き始めたものなのでがんすが

おいらは詩は書いた人の感性と
読んだ人の感性が作り上げるものだと思ってるでがんす

知り合いのPTが海外協力隊でヨルダンから帰って来た時の話なのでがんすが

向こうの先輩に「○○さん リハビリはアートよ」と言われたそうでがんす

おいらは介護職も 療法士も 利用者のその人らしさを描くアーティストだと思うでがんす。 
ごとお
2009年05月29日 22:17
武ちゃんへ
「その人らしさを描くアーティスト」。
いい言葉ですね。
いろんなことを想像させられてしまいました。

この記事へのトラックバック

  • 加圧リハビリテーション

    Excerpt: 加圧リハビリテーション加圧リハビリテーションってもうチェックされましたか?わたしの周りで話題になっている、かなり優れもののアイテムです。リハビリテーションとはもともと、脳卒中など神経疾患の後遺症、老年.. Weblog: 加圧リハビリテーション racked: 2009-08-27 03:13