しましまセラピー?

人を支援するときの、
つかずはなれずといった感覚を、
江戸っ子の人付き合いの仕方から学びましたので、
紹介させていただきます。


江戸っ子たちの間でもっとも「粋」とされていた柄は、
縞模様(しましま模様)でした。


一定のキョリを保ちながら決して交わることのない
その「つかずはなれず」なところが、
江戸っ子たちの感覚に合ったそうです。


たとえば仲良しの八っつあんと熊さんの場合。

江戸の庶民がひしめきあって暮らしていた長屋は、
となり同士の壁は薄く、
入り口は障子に毛がはえたようなとびらでした。

カギもかかっていません。


でも、いくら仲良しの八っつあん、熊さんであっても
お互いの部屋に勝手に入ったりはしません。


「おう、八、いるか?」

「おお、熊か。へぇんな」


親友とはいえ、お互いのプライバシーには
一線を引いていたのです。


江戸の人たちは人情味あふれる人たちだから、
当然、助けを求められれば力になりますが、
おせっかいは焼かなかったのです。






----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

八っつあんと熊さんを参考に。

「しましま模様」を参考に。

----------------------------------

【出典】 「気持ち上手は幸せ上手」 斎藤茂太(著)





この記事へのコメント

Heart さん
2009年09月24日 21:18
施設職員と利用者さんと言うのも、いくら近い関係になったとしても決して家族にはなれません。一定の距離をもって付き合うのが良いのでしょうね。お互いのためにも。
ごとお
2009年09月25日 05:43
Heart さんへ
「家族のように」「友だちのように」って、とってもいい関係だと思います。だからこそ、「距離」を大切にしなきゃいけないなと、あらためて感じました。

この記事へのトラックバック