患者離れ?

作家の中谷彰宏さんが、
「なぜあの人は人の心が読めるのか」
という本の中で、、
「いいお医者さんの条件」を挙げていました。

そのひとつに、
「患者離れがいいこと」
というのがありました。


患者離れ?

どういうこと?

ちょっと気になりました。


中谷さんによれば、
「患者離れがいいこと」とは、

「他の先生にも診てもらって、
いろんな意見を聞いたほうがいいよ」

と言えるお医者さんのことなんだそうです。


自分が正しいと思わないで、
自分ひとりで何とかなると思わないで、
自信を持って謙虚に、

「いろんな意見を聞いたほうがいいですよ」
と言える人のことです。


私は、リハビリ専門職として
病院や福祉施設で働いてきました。

同僚が、ひとりでがんばりすぎて
相手を抱え込んでしまっているという場面を、
何度も見てきました。

自分自身だって、そうなっていたときがありました。




----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

「いろんな意見を聞いたほうがいいですよ」
と言えるくらいの自信と謙虚さを、
身に着けたいです。

----------------------------------

■出典 → 「なぜあの人は人の心が読めるのか」 中谷彰宏(著)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック