支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS レッテル効果。

<<   作成日時 : 2010/01/25 05:52   >>

トラックバック 0 / コメント 2

レッテルを貼る。

あまりいい意味では使われない言葉です。

でも、いいこともありました。



身体障がい者が通う、リハビリ施設でのことです。

20代前半の青年、仲村さんは、
事故で頭を強く打ち、車いす生活になりました。

左手足はほとんど動きません。

高次脳機能障害という後遺症も残り、
大切な約束も忘れてしまったり、
集中力もなくなりました。

物の位置関係がうまく把握できなくなり、
20ピースほどの簡単なパズルをすることも
大変になりました。

何かしている最中に気持ちが続かず、
居眠りをしてしまうこともよくありました。

施設では、自分から何かをするということはほとんどなく、
すべてが受け身で、
「介護を受ける人」になっていました。


そんな仲村さんが通う施設では、
給食が出るのですが、
ある日、仲村さんがその日のお昼のメニューを
毎回覚えてきていることがわかりました。

仲村さんは、自宅のベッドで退屈なので、
施設の給食の献立をよく見ているそうです。
「食べることしか楽しみがないから(笑)」
と言っていました。


その話をきいていたある人が、
冗談でこう言いました。

「すげえ!仲村さん。
そうだ!これから毎朝のミーティングでみんなに、
今日の献立を発表してあげてよ!」

「今日から仲村さんは、『給食委員長』だな!」

「給食委員長!」


まわりにいた人たちが笑う中、
仲村さんは「ええ〜っ」と言って
困ったような顔をしていました。

笑いがあふれたその場は、
冗談で終わりました。


実は、仲村さんの記憶障害や集中力のなさを考えると、
お昼のメニューを暗記してくることは、
けっこう大変なことでした。

実際、覚えてきていたといっても、
微妙な間違いとか、違う日の献立を覚えてきたりしていました。

そういった意味では、
誰かがひやかしでレッテルを貼った「給食委員長」は、
やっぱりその場だけの冗談のはずでした。


ところが、

ところが、です。


次に仲村さんが施設にやってきたとき、
彼は本当に給食委員長になっていました。


朝のミーティングで自分から手をあげて、
その日のお昼の献立をみなさんに発表しました。

「今日のお昼は、スパゲッティーナポリタンに、
たまごスープ、サラダに・・・」

完璧でした!


そしてなんと、誰も頼んでいないのに、
カロリーまで覚えてきて、発表しました。

みんな目が点でした。

すごい・・・。

拍手が沸き起こりました。


それからの仲村さんは、
今までぼーっとして何もしなかった給食の配膳も手伝いだしました。


「お茶隊長です」とか言って、
やかんのお茶をカップに注ぐという役割を、
勝手につくりました。




自宅での仲村さんは、
息子をかわいがるお母さんがつきっきりで、
できることもやってもらっていたのですが、
我々のすすめもあり、
ヘルパーさんと外出し、買い物をしたりするようになりました。

20代の青年として当たり前のように、
母との距離をとれるようにもなりました。


給食委員長・仲村さんは、
どんどん変わっていきました。

大人の男の雑誌が読みたいと、
スタッフに相談することもありました。

年上のかわいらしい女性の利用者に、
どう声をかけたらいいのかという相談もしてきました。


冗談でレッテルを貼られた「給食委員長」を、
そのまままじめにうけとった仲村さんは、
当たり前の20代の青年になっていきました。




----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

「レッテル効果」を。

----------------------------------

【メルマガ!】 「作業セラピー!」 






メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「できない」を支援するのではなく、「できること」を支援する良いケースですね。
「役割をつける」と言い換えられるような気がしました。
Heartさん
URL
2010/01/31 16:57
Heartさんへ
そうですね。たしかに「役割」と言い換えることができますね。「役割」についても、考えてみたいと思います。コメントありがとうございます。*^^*
ごとお
2010/02/01 05:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レッテル効果。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる