お寿司の握り方セラピー!

ある有名なお寿司屋さんが、
こんな質問をされました。

「お寿司は、
手づかみで食べるのが正式ですか?
箸を使って食べるのが正式ですか?」


それに対する答えは、

「どっちでもいいよ」

でした。


そしてその後に続く言葉が、ナイスでした。

「お好きな方法でお召し上がりください。
それを見て、私どもは2貫目から、
手づかみの方には少しゆるく、
お箸の方には崩れないように少し固めに握って
お出ししますから」



すばらしい!!!!

まずはお客さんの様子を見る。

素敵なお寿司屋さんです。


--------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

どんなときも、
相手を見てから支援できる人でいたい。

----------------------------------

相手のことをゆったりと見ていられる余裕があるかないかは、
重要なポイントですね。
私はまだまだ修行が必要ですけど・・・。

【出典】 「サービス」をサービス! 指南役(著)


この記事へのコメント

2010年03月28日 11:04
相手を見る余裕かぁ。とかく押しつけになりがちです。寿司職人さんには学ぶべきものがたくさんありますね。
紹介記事つぶやいておきました。
ごとお
2010年03月29日 05:32
Heart さんへ
押し付けにならないように、気をつけたいですね。
つぶやきありがとうございます。

この記事へのトラックバック