支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 国公立大合格者30倍のひみつ。

<<   作成日時 : 2009/02/03 05:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都に、奇跡の改革と呼ばれた公立高校があります。

国公立大合格者数を1年間に100人増やし、
合格者数を一気に30倍にした、京都市立堀川高校。

自ら探求する力を養うことを願ってつくられた
「探求科」は、話題を呼び、
新聞や週刊誌、テレビで紹介されました。

その高校の校長、荒瀬克己さんが、
教育計画をつくるときに大切に考えたことを、
こう言っています。

それは、


「あたりまえか、あたりまえでないか」



「生徒が学校で勉強するのは?」
あたりまえ。

でも、
「生徒が勉強したくないと思うのは?」
これもあたりまえ。

「学校は楽しいほうがいいか?」
もちろんあたりまえ。

「大学進学が目的ではなく、
その先の人生をどう生きるかが大切だ」
これもあたりまえ。


こういう考えから、堀川高校は、
大学受験科目以外の「探求」という勉強もします。
文化祭の時期は、勉強そっちのけだったりもします。

それはすべて、
「あたりまえか、あたりまえでないか」
を基準にしているのです。


荒瀬校長は言います。

「人は必要以上に難しいことを考えすぎると、
方向を見失います。

あたりまえか、あたりまえでないかを
常に問い直していると、
進むべき方向はおのずと導き出されます



----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

「あたりまえか、あたりまえでないか」
を基準にしてみたら、
新たに気づくことがあるかもしれません。

その人の、新たな一面が、
見えてくるかもしれません。

ひょっとしたら、
何かが30倍になるかもしれません。(笑)

----------------------------------

■出典 → 奇跡と呼ばれた学校―国公立大合格者30倍のひみつ
         荒瀬克己(著)
■よろしくおねがします。 → 人気ブログランキングへ
メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国公立大合格者30倍のひみつ。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる