支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 知的障がい者の結婚生活を支援するコツ。

<<   作成日時 : 2009/05/03 05:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

知的障がい者の結婚生活を支援している人たちに
各地でよく会い、ご自身もそういった活動をしているという、
児童精神科医の佐々木正美さんから教えていただいたことです。


知的障がい者の結婚生活を支援する人は、
ご両親か、第三者のどちらかであることが多いのですが、
第三者が支援している場合のほうが、
成功しているんだそうです。


なんと!

両親が支援しているほうが、うまくいかないというのです。


しかも!

両親が同居している場合が、
もっとも破綻をきたしやすいんだそうです。



とってもショッキングな情報です。


「スープのさめない距離」なんてよく言いますが、
実際はそれよりももっと離れたところから
見守ることができているほうが、
若い夫婦の生活は安定しているんだそうです。


その人を、一番理解しているはずのご両親が・・・。
一番近くにいる人が・・・。


距離の取り方って、難しいですね。







----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

相手との距離って、
どんなに自信があったとしても、
第三者に確認してもらったほうがよさそうです。

----------------------------------

「理解している」「通じ合えている」と思えば思うほど、
相手との「距離」って、見失いやすくなるのかもしれませんね。

■出典 → 「育てたように子は育つ 〜相田みつをいのちのことば〜」
        佐々木正美(著)
■よろしくおねがします。 → 人気ブログランキングへ
メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
適度な距離って難しいですよね
何事にも当てはまりますな
スナフキンDD
2009/05/03 12:03
スナフキンDDさんへ
ホントに「適度な距離」って難しいですね。
そのときは気付かないけど、あとになって「しまった!」「何であのときは気付かなかったんだろ?」と思うことがけっこうあります。
ごとお
2009/05/04 06:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
知的障がい者の結婚生活を支援するコツ。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる