支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 食欲不振のお年寄りにどう接したらいいのか?

<<   作成日時 : 2009/05/08 05:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

暑い日が続くと、食欲不振になることがありますよね。

健康な若者でも食べられなくて困っちゃうときがあるんだから、
高齢者施設では、大変な問題です。


食欲不振のお年寄りにどう接したらいいのか?

「生活とリハビリ研究所」代表の理学療法士・三好春樹さんから
教えていただきました。


医療的には、
点滴とか、栄養を鼻から摂る鼻腔栄養などが考えられますが、
その前に、すべきことが3つあると言います。



それは、

「出前」

「外食」

「会食」


の3つ。


食べさせるのではなく、
食べたくなる工夫をすること。



だから三好さんは、
介護職や家族から、
「点滴や鼻腔栄養をしてください」と頼まれた医師は、
こう答えるべきだと言います。


「ちょっと待て。
出前はとったのか?」



----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

前回に引き続き、くどいようですが、(笑)

「させる」のではなく、
思わず「したくなる」
にはどうしたらいいかを考えるようにしたいです。

----------------------------------

■出典 → 「最強の老人介護」 三好春樹(著)
■よろしくおねがします。 → 人気ブログランキングへ




メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>「させる」のではなく、思わず「したくなる」

施設においては作業・活動などほとんどの事が、職員主導で行われてしまっていて、「やらされてる」感が多くなってしまうものです。
本人たちの意向をできるだけ聴いたり、利用者さんが企画に参加できたりしたらいいのでしょうね。
Heart さん
URL
2009/05/11 10:53
Heartさん、いつもありがとうございます。
たしかに、施設では、「利用者さんも企画に参加してもらう」なんて考えるのも、楽しくていいですね。
ごとお
2009/05/11 22:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
食欲不振のお年寄りにどう接したらいいのか? 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる