支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 食べたい病。

<<   作成日時 : 2009/07/10 06:05   >>

トラックバック 0 / コメント 2

「呼び方を変えれば気持ちが変わる」ということを、
ある心理カウンセラーの方から教えていただいたので、
紹介させていただきます。


20歳代の女性。
ストレスがたまると「過食」してしまい、
その後で、ひどい自己嫌悪に陥ることに困っていました。


相談を受けたあるカウンセラーは、
まず、こう言いました。


「『過食』はストレス解消のひとつ」

「誰だって、食べたくなるときあるよね」

「ストレス解消に食べることって、そんなに悪いことじゃないよね」


そして、

肯定的な面にも目が向けられるように、
マイナスイメージの「過食」という言葉を、
こう変えて呼ぶようにしました。



「食べたい病」




その後、この女性は、
自己嫌悪に陥るパターンを変えていけたそうです。



その人にとっての、
「少しでも気が楽になる言葉」
「取り組みやすい言葉」
「わかりやすい言葉」
を使うようにしたいと思いました。


----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

専門用語を見直し、
その人にとっての「一番いい言葉」を、
使えるようにしたいです。

----------------------------------

■出典 → 「読むだけでカウンセリング―こころをスッキリさせる82のヒント」 
        菅野泰蔵 (著)

>>>人気ブログランキングへ<<<
  >>>にほんブログ村へ<<<


メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
置き換えことばは、私もよく使います。 デブをぽっちゃり、ノロマをおおらか…というように。


特別支援員をしているので、不登校の生徒は『寝たきり少年』とか。


『問題点』や『原因』わ 特定するのではなく、全体像をとらえられるような気がして、今日も『+のストローク』で 会話しています。
北あかり
2009/07/10 20:05
北あかりさんへ
なるほど・・・。
置き換えことばをよく使っているということは、きっとよいかかわりや支援ができているんでしょうね。 *^^*
ごとお
2009/07/10 22:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
食べたい病。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる