支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 遅刻してもいいの?

<<   作成日時 : 2009/09/07 05:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「学校に遅刻してくる生徒は、
遅れてもなお、
登校しようとしているんです」


これは、作家で精神科医の斎藤茂太さんの言葉です。



遅刻って、イメージはよくないです。

でも、もしもそのクラスに
登校拒否の子が何人もいたとしたらどうでしょうか?


登校拒否の子と比べたら、毎日登校できているだけでもいい。

遅刻したとき、「もう面倒くさい、休んじゃえ!」
なんてならなかっただけでもいい。


つまり、誰だって、必ずいいところがあるんです。


何かに隠れているだけなのです。


目立った欠点や短所に、
隠れてしまっているだけなのかもしれません。


もう一例紹介します。

分子生物学者のジョン・メディナ博士は、
著書「ブレイン・ルール」の中でこう言っています。

「反抗ばかりに見える魔の2歳児も、
実際のところは子どもらしい探検の意欲にあふれている」


反抗して言うことをきかなくなった態度に、
「子どもらしい探検の意欲」という
すばらしいものが隠れているってことです。

----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

その人のいいところは、
何かに隠れているだけなのかもしれません。

----------------------------------

【出典】 「こころがスーッと軽くなる本」 斎藤茂太(著)
      「ブレイン・ルール」 ジョン・メディナ(著)

メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
遅刻してもいいの? 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる