支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「温かい目」「大きな耳」「小さな口」。

<<   作成日時 : 2009/11/28 06:04   >>

トラックバック 0 / コメント 2

約2000社の業績を回復させ、
「再生仕事人」と呼ばれる国際ビジネスコンサルタントの、
長谷川和廣さん。

「課長が元気な会社は赤字でも生き抜くことができる」
という長谷川さんが、リーダーにとって必要なことを詰め込んだ
「社長が求める課長の仕事力」という本があります。

その中で、「リーダーに必要なこと」というだけでなく、
そもそも「人が人を支援するために必要なこと」
としてとても大切な言葉に出会えましたので、
紹介させていただきます。


これです。

▽ ▽ ▽


「教えるよりも気づくきっかけをつくってあげることが大切。

そしてそれには、この3つが必要。


『成長してほしい』という温かい目。

『なんでも聞くよ』という大きな耳。

『黙っているから気づいてくれよ』という小さな口







----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

「温かい目」「大きな耳」「小さな口」
を持ちたい。

----------------------------------

ちなみに私、「温かい目」は持っていると思います。
でも、「大きな耳」と「小さな口」は、ぜんぜんダメです。
しゃべりすぎてます。(笑)


【出典】 「社長が求める課長の仕事力」 長谷川和廣(著)
【メルマガ!】 「作業セラピー!」 
メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
福祉の現場では、ようやく「見守り」という技法が認識されるようになってきました。支援者が何もしないのではなく、ご本人ができるようになること、自分から正しい行動に気づけることを「見守る」ことではないかと思います。
Heart さん
URL
2009/11/29 08:56
Heart さんへ
頭では、「見守る」ことと「何もしない」ことの違いがわかっているつもりでも、実際にはうまくできていません。意外と難しいことだと感じています。
ごとお
2009/11/30 05:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「温かい目」「大きな耳」「小さな口」。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる