支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 後輩作業療法士くんはなぜ、「散歩散歩!」って言ったのか?

<<   作成日時 : 2010/07/13 06:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

リハビリ専門職・作業療法士の私は、
気持ちの落ち込んでいる人と接することが多いです。

前回は、
精神科医のゆうきゆう先生に教えていただいた、
「気持ちを落ち込ませないテクニック」
というのを紹介しました。

今回は、同じくゆうき先生に教えていただいた、
「明るい思考をするシンプルな方法」
というのを、紹介します。


その方法とは・・・



上を向くこと

です。



アメリカの心理学者・キングさんが
多くの人を対象に調査して発見したのですが、


「上を向いて考えることが多い人は、
明るく快活で、積極的に行動することが多い」


のだそうです。



逆に下を向いて考えることが多い人は、
抑うつ的で、物事をネガティブに考えてしまうことが多いようです。



とにかく、

上を向いて考える人ほど、
前向きな人が多かったのです。




そういえば・・・



認知症の専門病棟を担当することになったときのことです。

引継ぎのときに前任の後輩作業療法士くんが、
こんなことばかり言っていました。


「とにかく散歩ですね」

「入院しているお年寄りには、やっぱ散歩っすよ!」

「看護婦の○○さんが阻止しようとしてきますが、
負けずに、散歩に連れて行ってあげてください!」

「オレ、散歩がいちばんだと思うんすよ」

「みんなイイ顔になるんすよ」



この後、自分でも体験することになるのですが、
やっぱり散歩するとみんなすっきりさわやかにはなります。


その理由のひとつが、

上を向くから

なのだと思います。


入院病棟から外に出ると、
自然と上を向きます。


「天気いいなあ」

「まぶしいなあ」

「雨が降ってきそうだな」

「桜が咲いてるね」



散歩をすると、上を向きます。

だから散歩をすると、
明るい思考をするようになるのだと思います。


後輩作業療法士くんは、経験上、
このことを感じていたから、
「とにかく散歩散歩!」って、
言っていたのでしょう。



----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

上を向いて歩こう。

----------------------------------

【出典】 自分の心を絶対にやる気にさせる心理術 ゆうきゆう(著)

メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
後輩作業療法士くんはなぜ、「散歩散歩!」って言ったのか? 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる