支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 人は「立場」で生きている。

<<   作成日時 : 2010/11/01 05:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」という、
真っ暗闇のエンターテイメントがあります。

参加者は、何人かとグループを組んで、
完全に光を遮断した空間の中へ入ります。

暗闇のエキスパートである視覚障害者のサポートのもと、
中を探検し、いろいろなことを体験します。


その過程で、
視覚以外の感覚の可能性と心地よさ
に気づきます。


コミュニケーションの大切さや、人のあたたかさ
にも気づいていきます。


このプロジェクトを運営する、
NPO法人ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン理事長の金井真介さんが、
海外で初めて「真っ暗闇のエンターテイメント」を体験したときのことです。


言葉がうまく通じない外国人とのグループでは、
ただでさえ心細かったのですが、
金井さんはグループからはぐれてしまいました。

そのとき、スタッフがどこからともなくあらわれて、
金井さんをサポートし、グループに戻してくれました。


後で気がついたそうなのですが、
このときに助けてくれたのが、
視覚障害者の方
でした。


いわば
暗闇のスペシャリスト
だったのです。



そこで金井さんはこう考えました。


「暗闇の中では、『立場」がまるで違っていた」


「人は『立場』で生きているんだ」



リハビリ専門職・作業療法士の私が、
身体障害者が通う施設で出会ってきた人たちを
思い出しました。


ある人は、
家に帰れば頑固オヤジで、
「おい、お茶!」というタイプだったりするのですが、
日中通う施設では、
まわりの人に気づかい、せっせとお世話をしてくれました。


ある人は、
仕事に復帰すれば、大企業のそれなりの立場で、
大勢の部下に対し、毎日指示を出すのですが、
施設では、同じ障害の若い青年と、
友達のように付き合っていました。



環境が変われば「立場」も変わります。


「立場」は絶対的なものではありませんね。



----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

「立場」を取り去ってみる。

----------------------------------

【出典】 幸せの新しいものさし 博報堂大学幸せのものさし編集部 (著)




メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
人は「立場」で生きている。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる