支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 入院患者さんのご家族からのお菓子を絶対に受け取らなかった婦長さんから学んだこと。

<<   作成日時 : 2011/06/16 06:27   >>

トラックバック 0 / コメント 2

「こういうことをされると困るんです」



認知症の専門病棟の婦長さんが、
おじいちゃんのお見舞いにきたおばあちゃんにそう言って、
差し出されたお菓子の箱を受け取りませんでした。


「私たちは仕事でしているのでぇ・・・」

「受け取るわけにはいかないんですよぉ・・・」

「本当に困るんですよぉ・・・」


婦長さんの連続するお決まりの言葉に、
絶対に受け取らない覚悟が伝わってきました。



おばあちゃんは、お世話になっている看護婦さんたちにと、
大きな箱のお菓子を持ってきたのです。

包み紙が、駅前の洋菓子店のものでした。

おそらく、マドレーヌとかブラウニーみたいなお菓子が、
20個や30個入っていそうな大きな箱でした。


結局おばあちゃんは、大量のお菓子を
そのまま持って帰ることになりました。

持って帰ってひとりで食べるのだろうか?
誰かにあげるしかないんだろうな。

夏の暑い日でした。





誰に対しても同じ対応をする婦長。
真面目な人。ブレない人。

そして憎まれ役になれる人。


そんな婦長のことを、尊敬しています。
スタッフみんなが、信頼しています。


でも、帰っていくおばあちゃんの後ろ姿を見ながら、
私はこう思いました。



受け取っちゃえばいいのに。




今回だけは。


せめて気持ちだけは。






----------------------------------
● 支援セラピー! *^^*
----------------------------------

物を受け取るかどうかと、
気持ちを受け取るかどうかは、
別のことだと思いました。

----------------------------------





メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。『考える生き方のヒント』のいとちゅーです。これは難しい問題ですね。介護保険法では金品の授受は厳密に禁止されていますから、婦長さんの行動は正しいと言えるのですが、人と人との関わり合いには、人情というものがあります。ごとおさんが感じたのは人情の問題ですね。贈与の往還はコミュニティーの基本です。それを体現したこのおばあちゃんは、ごく自然な行動を示しただけです。一方、婦長さんは自分の立場を忠実に守っただけです。このズレは、僕も現場で働いていて、ひどくもどかしいものです。ただ、人情に対しては人情で返す対応ぐらいは身に着けたいものですね。
いとちゅー
URL
2011/06/16 18:42
いとちゅーさんへ
モヤモヤっとしたまま書いたところもあるのですが、わかっていただけてとてもうれしいです。そして、すっきりする解説をありがとうございます。唸りました。
ごとお
2011/06/16 21:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
入院患者さんのご家族からのお菓子を絶対に受け取らなかった婦長さんから学んだこと。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる