支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 気をつかって「いなくなる」。

<<   作成日時 : 2011/09/28 21:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

「涙が出るほどいい話 第十集」という本の中で
見つけたお話を紹介します。


松木さんが帰省中に、
義理のお母さんが急死してしまいました。

死を悲しむ暇もなく、バタバタと大忙しでした。

慣れない土地での葬儀で、
肉体的にも精神的にもボロボロになっていた松木さんは、
ただひたすら眠りたかったそうです。


自宅に帰る前日、親戚のおじさんが、
自分の家に泊まっていくように誘ってくれました。

ありがたい申し出を断ってはいけないと、
その言葉に甘えました。

おばさんはたくさんのごちそうを作ってくれました。

ご飯を食べたあと、おじさんは急に、

「おれは寝る。おやすみ」

とさっさと自分の部屋へ引きあげていこうとしました。


「えっ、もう?」

自分から泊まっていくように誘っておいてどうして?
と奥さんがと驚くと、おじさんはこう言いました。


「おれが寝れば、みんなも寝やすくなるだろ」


松木さんは、その言葉がどんなごちそうよりも
ありがたく感じました。

その言葉の奥に広がる
おじさんの思いやりを見ました。


----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

気をつかって「お世話をする」という支援、
気をつかって「いなくなる」という支援、

どちらも「あり」ですね。

----------------------------------

【出典】 「涙が出るほどいい話 第十集」 
      「小さな親切」運動本部 (編集)


メルマガ購読・解除 ID: 1006981
作業セラピー! ★ 「作業」を見つめれば、人生が変わる?
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ 理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
札幌で来年5月に開業する老健、フォーシーズン山鼻の開設準備室のアサオカと申します。

突然すみません。

こんな記事を書いてみました。
プロの目で吟味いただけたらと思いました。

コメントいただけたら嬉しいです。

http://foyamahana.exblog.jp/15749281/
札幌の老健、フォーシーズン山鼻と申します
URL
2011/10/05 22:31
アサオカさんへ
ブログ拝見しました。「生きる喜びをプレゼント」っていい言葉ですね。このような姿勢でいれば、よい雰囲気の施設になって、よい人材も集まってくるのではないかと思いました。
ごとお
2011/10/06 05:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
気をつかって「いなくなる」。 支援セラピー! 〜作業療法士のブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる