介護の仕事を続ける勇気をいただいた言葉とは?

藤井さんが介護の仕事を始めて、
まだ間もないころのことでした。

視覚障害の男性になにげなく、
「桜の花が満開ですよ」
声をかけてしまいました。

その男性は、
「私には見えないからね」
と言い、
気まずい空気がふたりのあいだに流れました。

そのとき
続けて男性が言った言葉。

そのやさしい言葉で、
藤井さんは、
今も介護の仕事を続ける勇気を
いただいたそうです。


その言葉とは。









「教えてくれてありがとう」

「花は見るだけでなく、
 風に乗ってにおいや空気でも
 感じることができるんだね」
 


「教えてくれてありがとう」



~ 涙が出るほどいい話 第十集
    「小さな親切」運動本部 (編集) より ~



----------------------------------
◎作業療法士の【支援セラピー】
----------------------------------

「言わないほうがいい」ということは、
もちろんありますが、

「どうせ言ってもわからないから」
という思い込みはよくないです。

「伝えたい」という気持ちが、
伝わればいいのではないでしょうか。

「伝えたい」という気持ちが。

-----------------------------------

藤井さん、いいお話をありがとうございました。













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック