最初の一歩セラピー。

「X JAPANのhideに会いたい」

という難病の少女の夢をかなえたことで
注目を浴びた、
非営利のボランティア団体
「メイク・ア・ウィッシュ」


「野生のイルカと泳ぎたい」
「ウルトラマングレートと一緒に闘いたい」
「大好きなパパと結婚式をしたい」

など、
難病の子どもたちの
夢をかなえるお手伝いをしています。


~~~~~~~~~~


小学2年生の大輝くんは、
小児ガンを5歳で発病し、
入退院を繰り返していました。

沖縄に住む大輝くんの夢は、
家族全員でディズニーランドに行くこと。


メイク・ア・ウィッシュが
夢をかなえました。

2泊3日のディズニーランドの旅。
本当なら、夢はここでおしまい。

しかし、夢はさらに続くことになりました。



シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
に滞在したのですが、
その最終日の朝でした。

大輝くんは、ソファーにふんぞり返って、
タバコをふかすポーズをとり、
こう言いました。


↓↓↓


「大人になったら、シェラトンホテルの社長になる」




「社長になって、たくさんの子どもたちを泊めてあげたい」
「自分がしてもらったように、みんなにも」
と思ったそうです。


~~~~~~~~~~


ある筋肉の病気と闘う、
車いすに乗った17歳のタカノリ君。

「フェラーリでテストコースを走りたい」
という夢をかなえてもらった後、
こう言いました。


↓↓↓


「今日という日は一生忘れない。
 次の夢は、必ず自分でつかまえる」





カーデザイナーという夢を抱きつつ、
あきらめかけていた大学進学をかなえました。


~~~~~~~~~~


「福岡ドームで始球式をしたい」
という、
7歳の太郎君。

夢がかない、
始球式を終えた太郎君はこう言いました。


↓↓↓


「今度は、工藤の球を打ちたい」




お母さんはこう思ったそうです。

「これが終わりなのではなく、
 始まりなんだ。
 太郎の新たな夢の始まりなんだ!!」


~~~~~~~~~~


メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンの
事務局長の大野さんはこう言います。

メイク・ア・ウィッシュが伝えたいこと。
それは、


「夢の実現はゴールではなく、
 新しい夢へのスタートライン」




----------------------------------
● 【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

「最初の一歩だけ」
「そこだけなんだけどな・・・」
という人がいます。

時には、「手取り足取り」でもいい。
「ひとりだけ特別扱い」してもいい。

2歩目、3歩目が、ちゃんと考えられているのなら、
最初の一歩は、
少々やりすぎでもかまわないのではないでしょうか。

最初の一歩だけは、「特別」なんです。

-----------------------------------

メイク・ア・ウィッシュの夢のお手伝いは、
ひとり1回だけです。



参考文献 メイク・ア・ウィッシュの大野さん  大野寿子(著)

    よろしくおねがします。
         ↓ ↓ ↓
>>>人気ブログランキングへ<<<

この記事へのコメント

2008年07月25日 22:30
いつも新しい気付きを与えてくださり、ありがとうございます。
メイク・ア・ウィッシュの精神は、OTの仕事にも共通する精神であると思います。
「夢の実現はゴールではなく、新しい夢へのスタートライン」
素敵な言葉ですね。
こういう支援ができるOTになりたいものです。
ごとお
2008年07月26日 06:30
メタルOTさんへ
「目標」や「ゴール」を考えるとき、
それによって「スタート」することも、
同時に考えられらいいですね。
メタルさんにコメントをいただいたおかげで、
さらに気づくことがありました。
いつもありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • 「私はペテン師なのかもしれません」

    Excerpt: 「X JAPANのhideに会いたい」 という難病の少女の夢をかなえたことで注目を浴びた、 非営利のボランティア団体、メイク・ア・ウィッシュ。  Weblog: 作業療法士のブログ【支援セラピー】 *^^* racked: 2009-02-27 06:06
  • トップランナーがみんな同じことを言っていた!

    Excerpt: 「トップランナー格言集『生きる』」 という本を読みました。 Weblog: 作業療法士のブログ【支援セラピー】 *^^* racked: 2010-07-20 06:12