イチロー式作業療法。【その2】

「プレッシャーに対処するには?」
と質問されたときの、イチロー選手のコメントです。
  
  ▼
  ▼
  ▼

「どんなに気持ちが揺れていても、
いつも通りの作業をすることで、
自然にバッティングの気持ちに切り替えることができるんです。
僕にとっては、いつも通りにすることが、
プレッシャーに対処するための唯一の方法ですね」


イチロー選手のいつも通りの作業とは、
構えの姿勢に入るまでの、あの動きです。

バッターボックスの土をならす。
同時に右手でバットをグルッと1回転させる。
その後、バットをピッチャーに向けながら
左手でユニフォームの右肩つまんで構えの姿勢に入る。

この仕草はいつも同じです。
何千回、何万回と繰り返してきました。

いつも通りのこの作業がないと、
イチロー選手はきっとおかしくなっちゃうでしょう。



誰でも、「いつも通りの作業をする」という
何気ない「儀式」があるはずです。

まずはそれをしっかりと感じてから、
「ステップアップさせたい」
「何か他のことができるんじゃないか」
と考えるようにしたいですね。



----------------------------------
●【支援セラピー】*^^*
----------------------------------

ちょっと待って!!!
何かを変えようとする前に、
その人の、「いつも通りの作業」を感じてからにしましょう。

いつも通りの作業がないと、
おかしくなっちゃう人がいるので。

----------------------------------

■参考文献 → 「イチロー哲学―至高の頭脳が自然と身につく」 
           児玉光雄(著)

■関連記事 → イチロー式作業療法。

■よろしくおねがします。 → 人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック